子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

幼児教育

      2015/08/30

Pocket

世の中には様々な幼児教育法がありますね。
幼児教室も沢山ありますし、おうちで取り組めるものもあります。
幼稚園や保育園で、〇〇法や△△式を取り入れた保育をしています、という所もありますね。

ざっと思いつく名前をあげてみると・・・
・七田式教育法
・ヨコミネ式教育法
・澤口式教育法
・石井式漢字教育法
・木下式音感教育法
・モンテッソーリ・メソッド
・ピラミッド・メソッド
・家庭保育園
・z会
・ポピー
・学研
・公文式
・こどもチャレンジ
などなど、沢山ありますね。

 

早期幼児教育については賛否両論があります。確かに子どもの発達を無視した教育法や詰め込みのものは、子どもにとって悪影響を及ぼすこともあるかもしれません。

しかし自分にも子供にも合った教育法ならば取り入れるのはアリでは?と私個人は思います。

太字にした所がとても重要なのです。

世間で人気の幼児教育だから・・・
周りのお子さんが皆やっているから・・・
高い月謝を払うものだから効果がありそう・・・
何かよく分からないけど子どもに教養をつけたいからやらせてみよう・・・

こういう理由でやると、子どもの本来持っている学ぶ力を潰してしまうことも充分あり得るでしょう。

子どもの性格や長所、得意分野、親御さんの性格を考慮して、合っているものを選ぶことが何より大切です。

 

我が家(特に私)は、日々の生活が学び遊びながら学ぶ経験&体験が大切、と考えているので、ペーパーばっかりだとか詰め込み系は避けました。

〇〇式という幼児教育ものもあらかた目を通し、自分と我が子に合ったものをチョイスしました。その中でもいいとこ取りです。〇〇式でも全てを忠実に実践する必要はないと思うのです。
実際に何度も実践してみて、我が子には合わないと感じたならスパっとやめる。そして他の方法で合いそうなものをやってみる。そうやって試行錯誤しながら楽しく学ぶ術を日々探していました。

 

ということで
我が子に幼児教育を・・・とお考えの方。ぜひぜひ様々な方式や、幼児教室のカラーなどを充分に調べて、自分と我が子に合ったものを選んで下さいね。

 

 - 幼児教育

             

  関連記事

no image
早期英語教育

2011年から小学校5,6年生に英語が必修科目になりました。 そのことを受けて、 …

手作り&100均の知育おもちゃ

子どもの知的好奇心をくすぐるようなおもちゃが、世の中には沢山売られていますね。 …

no image
育児におすすめの絵本

子どもにとって絵本は想像力を膨らませ、好奇心をくすぐり&満たすものですね小さい頃 …

0歳、1歳、2歳の知育おもちゃ(市販品)

レゴは知育おもちゃの代表格ですね最初は大きいサイズのデュプロがおすすめです。自分 …

no image
おすすめ子ども用品

ベビーチェアはぜひぜひ足のつくものをオススメします。食事に関して言えば、足をつい …

no image
おすすめ育児本

子供の教育を考えると読書ははずせません。保育士の経験からお勧めの本を紹介します。

子供のおえかき

子供のお絵かきは大人の目線では語れません。自由でのびのびした絵が子供の心を育てます。こどもにお絵かきを教える時に気を付けることを紹介します。