子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

とびひの症状と治療・ケア方法

      2015/08/30

症状

・虫さされや湿疹をひっかいた傷跡に、ブドウ球菌などが感染して起きる。

・水泡が破れた時に菌が飛び散った所にまた水泡ができる。

・顔や手足などどこでもできる。

・ジュクジュクした水泡。

・初夏から夏にかけて、赤ちゃんから小学生ぐらいまでによく見られる。

 

治療&ケア

・患部をよく消毒し、抗生物質入り軟膏を塗り、ガーゼで覆って菌が飛び散るのを防ぐ。

・酷い時は抗生物質を内服。

・爪は短く切って、ひっかかないようにする。

・治るまではプールや入浴は避け、シャワーなどで皮膚は清潔にする。

・湿疹用のステロイド剤は症状を悪化させるので要注意。

 - Q&A 乳幼児のお肌トラブル、スキンケアの悩み, Q&A 子供の病気

             

  関連記事

no image
あせもの症状と治療・ケア方法

症状 ・かゆみを伴う小さな赤いブツブツ。 ・頭、額、首の周り、脇の下など汗のたま …

no image
髄膜炎の症状と治療・ケア方法

症状 ・ウイルス性の場合は症状が軽く、回復も早い。 ・細菌性の場合は症状が重く、 …

no image
おむつかぶれの症状と治療・ケア方法

症状 ・おむつをあてている所が赤くただれる。 ・酷くなるとジクジクしてかさぶたが …

no image
川崎病の症状と治療・ケア方法

症状 ・40度以上の高熱が5日以上続く。 ・様々な形の発疹が全身に出る。 ・目が …

no image
水ぼうそうの症状と治療・ケア方法

症状 ・約半数に37度から38度の発熱。 ・発熱と同時に水を持った発疹が出る。 …

no image
手足口病の症状と治療・ケア方法

症状 ・手のひら、足の裏、口の中に発疹ができて、その後水泡になる。痛みを伴う。 …

乳児湿疹の原因と治し方 病院では教えてくれない赤ちゃんの肌を常にツルツルに保つ為の裏ワザ

赤ちゃんの肌が荒れてしまうと痛々しく、見ているママも悲しい気持ちになってしまいますよね。早く治してあげたい一心で皮膚科に通っても、また直ぐにぶり返してしまう。そんなママに病院では教えてくれない赤ちゃんの肌をツルツルに保つ裏ワザを紹介します。

no image
風邪症候群

症状 ・熱は出ることも出ないことも。2,3日で下がる。 ・乾いた咳(コンコン)、 …

no image
おたふくかぜ

症状 ・発熱後、耳の下からあごに沿った辺りの耳下腺が腫れて痛む。 ・腫れは1、2 …

no image
インフルエンザの症状と治療・ケア方法

症状 ・38度から40度の高熱。 ・ひどい咳が出ることも。 ・全身の倦怠感が酷い …