子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

授乳期間中ははちみつを食べてはダメ?

      2015/08/30

1歳未満の赤ちゃんに、はちみつを与えてはいけない

これは聞いたことのある方も多いと思います。

その理由は・・・
はちみつは生もので熱処理されていません。
そしてはちみつの中にたまにボツリヌス菌が混入していることがあります。
乳児がはちみつを直接食べてしまった場合、まだ胃腸の発達が未成熟なのでこのボツリヌス菌をうまく処理できません。
その結果乳児ボツリヌス症になるおそれがあるからです。

 

※乳児ボツリヌス症

・1歳未満の乳児(特に1か月から4か月)がかかる。
・潜伏期間が3日から30日と長い。
・入院期間は数日から数か月になることも。
・原因はボツリヌス菌。はちみつだけでなく、土の中や川の水、海などに広く分布している。
(2006年には井戸水から発症例の報告。また野菜ジュースコーンシロップもはちみつ同様、与えないようにする
・症状は、初期に便秘、活気がない、哺乳する力が弱くなる、泣き声が弱い、体がだらんとする(筋緊張性低下)、よだれが多い、首のすわりが悪くなった、眼球運動の麻痺、無呼吸があげられます。致死率は高くはありませんが死亡例もあります。

 

 

では
母乳をあげているお母さんもはちみつを食べてはいけないのか?
母乳から赤ちゃんへと移行してしまうのか?

が気になりますね。

 

 

 

ポイント  元保育士ママからのアドバイス

授乳期間中のお母さんははちみつを食べても大丈夫
もしボツリヌス菌が混入していてもお母さんの体で処理されるので、菌が授乳を通して赤ちゃんへと移行することはないそうです。

 

 

 

 


たんぽぽ茶(ホット)+ハチミツ
▲ 私もたんぽぽ茶という母乳品質向上のお茶にはちみつを混ぜて楽しんでいますhappy02
  私が母乳育児でとってもお世話になった『たんぽぽ茶』の紹介はこちら

 

 

 

母乳育児をしていると、自分の食べた物が赤ちゃんの栄養となるので、食べる物に気を使いますよね。
そんな中、はちみつは食べてもいいのかな?と調べて、このサイトに辿り着いて下さってありがとうございます。
おいしく食べて、ストレスをためることなく、楽しい授乳期間を過ごして下さいねhappy01note

 

 

【関連記事】

母乳育児におすすめアイテム

授乳中暴れる

授乳期のインフルエンザ(タミフル&リレンザ)

添い乳はダメ?

 - Q&A 子育ての悩み

             

  関連記事

no image
食育

食べることは生きていくことの基本です。 私達のからだは、食べたもので出来ているの …

no image
日本脳炎の症状と治療・ケア方法

症状 ・高熱、頭痛、意識障害、痙攣など。 ・脳炎にかかった場合の死亡率は15%。 …

no image
細菌性下痢症の症状と治療・ケア方法

症状 ・カンピロバクター菌やサルモネラ菌などの細菌が原因。 ・下痢便が何回も出て …

no image
平成25年BCG接種時期変更

現在、結核予防であるBCG定期接種の接種時期は生後3か月から6か月未満となってい …

no image
鼠径ヘルニアの症状と治療・ケア方法

症状 ・腸の一部が飛び出して、太ももの付け根(鼠径部)が突然ふくらんだり、ひっこ …

no image
乳児・幼児の病気&トラブルの治療とケア

乳幼児期にかかりやすい病気やトラブルについてまとめました。 主な症状を参考に、詳 …

子供が床や壁に頭を打ち付ける5つの理由

『子供が気に入らないことがあると、床や壁に頭を打ち付けるんです』こどもがそんな行いに出るのには5つの理由があります。言葉を自由に使いこなせない子供を救うためにはどうすれば良いのかご紹介します。

no image
赤ちゃんのうつぶせ寝 夜間もずっとひっくり返す?

  赤ちゃんは寝返りできるようになると、うつぶせ寝を好んでやる子も多い …

no image
予防接種

予防接種には定期接種(国がぜひ受けるように勧めている)と任意接種(希望者が受ける …

no image
肺炎の症状と治療・ケア方法

症状 ・最初は風邪症状。 ・夕方から発熱して翌朝下がるという状態が続き、痰がから …