子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

麻疹の症状と治療・ケア方法

      2015/08/30

症状

・はじめの3,4日は38度前後の発熱、咳、くしゃみ、鼻水などの症状で、普通の風邪と見分けがつきにくい。

・熱は一度下がる。再び発熱すると全身に赤い発疹。しみのようになるが1カ月くらいで消える。

・口の中にはコプリック斑ができることも。

・高熱が続くとひきつけを起こすことも。

・ウイルス性感染症の中で一番、赤ちゃんや子供に負担になる病気。

・肺炎や中耳炎、脳炎などの合併症もあるので、1歳になったらすみやかに予防接種を。

 

治療&ケア

・食欲がないときは水分を充分に補給。飲めない時は脱水の危険があるので受診すること。

・暖房をかけすぎたり、厚着させると、脱水が酷くなるので注意。

・解熱剤や鎮痛剤を使う場合も。合併症の恐れがあるときは抗生剤を使うことも。

・赤ちゃんや小さい子どもの場合は入院になることも。

・体力の消耗が激しいので、治ってからも1,2カ月は風邪などをひかせないように注意。

 - Q&A 子供の病気

             

  関連記事

no image
おたふくかぜ

症状 ・発熱後、耳の下からあごに沿った辺りの耳下腺が腫れて痛む。 ・腫れは1、2 …

no image
風疹の症状と治療・ケア方法

症状 ・軽い熱、咳が出る。 ・発熱と同時に小さく赤い発疹が、顔や首から始まり全身 …

no image
アトピー性皮膚炎の症状と治療・ケア方法

症状 ・体質的な要素に、症状を引き起こす刺激(衣服、気候、食べ物など)が加わった …

no image
ヘルパンギーナの症状と治療・ケア方法

症状 ・口の中(のどちんこの近く)に白い口内炎ができる。破れるとただれて痛む。 …

no image
水ぼうそうの症状と治療・ケア方法

症状 ・約半数に37度から38度の発熱。 ・発熱と同時に水を持った発疹が出る。 …

no image
とびひの症状と治療・ケア方法

症状 ・虫さされや湿疹をひっかいた傷跡に、ブドウ球菌などが感染して起きる。 ・水 …

no image
川崎病の症状と治療・ケア方法

症状 ・40度以上の高熱が5日以上続く。 ・様々な形の発疹が全身に出る。 ・目が …

乳児湿疹の原因と治し方 病院では教えてくれない赤ちゃんの肌を常にツルツルに保つ為の裏ワザ

赤ちゃんの肌が荒れてしまうと痛々しく、見ているママも悲しい気持ちになってしまいますよね。早く治してあげたい一心で皮膚科に通っても、また直ぐにぶり返してしまう。そんなママに病院では教えてくれない赤ちゃんの肌をツルツルに保つ裏ワザを紹介します。

no image
髄膜炎の症状と治療・ケア方法

症状 ・ウイルス性の場合は症状が軽く、回復も早い。 ・細菌性の場合は症状が重く、 …

no image
突発性発疹の症状と治療・ケア方法

症状 ・突然39度ぐらいの高熱が出て、3,4日続く。 ・熱が下がった後に全身に小 …