子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

食育

      2015/08/30

Pocket

食べることは生きていくことの基本です。
私達のからだは、食べたもので出来ているのです。

食べることの大切さ、楽しさ、食物の成り立ち、食事の作り手のこと、マナー、食に関する様々なことを小さい頃から自然と学べたら・・・そういう想いで保育士時代働き、そして我が子にも伝えていきましたconfident

では幼児期にどんなことをすれば「食育」につながっていくのか。それを色々ご紹介したいと思います。

 

楽しく食べる

食事の基本ですね。本来生き物にとって食事は、生きて行く上で欠かせないものです。そして食べたら体も心も満たされる。
なのですが・・・幼児期には好き嫌いや、食べムラ、お行儀、時間がかかる、など色々悩みもあるもの。怒りたくないけど、毎食こうだと怒りたくもなるわよ!って方も多いでしょう。確かに、小さい頃から最低限の食事のマナーなんかは教えてあげたいもの。でもそればかりにとらわれていると、食事の時間が楽しくなくなってしまいますね。
食事の時に絶対譲れないこと、おうちによってのルール、ごくごくわずかに絞った決まり以外は大らかに見る気持ちも持って、食事の時間をみんなで楽しみましょう。

 

食材のでき方などを学ぶ

子どもと一緒にスーパーに行って旬の食べ物を買う
絵本で野菜や果物の栽培のされ方、魚の取り方などを読んで楽しむ
TVやビデオで農場からスーパーまでの流通を学びながら楽しむ
プランターなどで簡単に作れる野菜を育ててみる
〇〇狩りなど、野菜や果物の収穫体験をできる所へ出掛ける
などなど、日常の中や、日常からちょっと手を伸ばせば出来ることで、楽しく学ぶことができます。特に小さい頃は、実際に体験することでグッと深く学び成長することができます。ぜひぜひ色々なことを体験していきましょう。

 

一緒に料理を作る

意外と幼児期に一緒に料理をするなんて、と敬遠されている方が多いのではないでしょうか。それには色々な理由があると思います。
包丁や火など危険なものが沢山あるから
子どもと一緒に作ってたら時間がかかるから
単純に面倒くさい(笑)などなど。
でも子どもはちゃんと決まりを教えてあげて、責任を持たせてあげれば頑張っちゃうものです。時間に余裕のある時に楽しく取り組めばいいんです。
よく自分で作ったものだったら嫌いな物でも食べちゃう、なんてことを聞きませんか?やっぱりただ親に作って出してもらっているだけよりも、自分で作ると食事に関心を深く持て、結果食べる意欲にもつながっていくようなのです。だからどんどん一緒に料理する機会を増やして楽しんでしまいましょう。
うまいこといけば料理好きな子に育って、料理嫌いのお母さんの代わりに作ってくれる・・・なんてこともあるかもしれません(笑)←実際知り合いにこういうご家庭がありました(笑)
 

 

 

 - Q&A 子育ての悩み

             

  関連記事

no image
中耳炎

症状 ・耳を痛がる。耳を自分の手で触ったり、触られると痛がって泣く。 ・高熱が続 …

no image
子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨の差し控え

予防接種法の改正で2013年4月に定期接種に加えられた子宮頸がんワクチン。 対象 …

no image
赤ちゃんのうつぶせ寝 夜間もずっとひっくり返す?

  赤ちゃんは寝返りできるようになると、うつぶせ寝を好んでやる子も多い …

no image
子供が食事を食べてくれない

子供がせっかく作ったごはんを食べてくれないとガッカリしますよね なぜ食べてくれな …

no image
日本脳炎の症状と治療・ケア方法

症状 ・高熱、頭痛、意識障害、痙攣など。 ・脳炎にかかった場合の死亡率は15%。 …

no image
赤ちゃんの水分補給

  体内の水分量の割合が大人より多い赤ちゃん。 そして新陳代謝が活発で …

no image
水いぼの症状と治療・ケア方法

症状 ・脇の下やひじ、ひざなどに直径1ミリから3ミリのいぼができる。 ・いぼが破 …

オムツはずし

オムツを外すには赤ちゃんの膀胱が成長性ている必要があります。トイレトレーニングを始められる目安について説明します!

子供のおもちゃの貸し借り

おもちゃの貸し借り。 これって実はすごーーーく難しい問題だったりします      …

no image
熱性けいれんの症状と治療・ケア方法

症状 ・高熱になった時に起こるひきつけ。 ・突然、両手両足をピーンと突っ張った後 …