Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み

母乳とミルクでは赤ちゃんの体格などに差は出るのか?

母乳を飲んでいる赤ちゃんと、ミルクを飲んでいる赤ちゃんで体格に差が出る
よく言われるのは、母乳を飲んでいる子は小柄で、ミルクを飲んでいる子は大柄、ということ。

これは個人差が大きいところで一概には言えません。
しかし、栄養・飲む量などの違いにより体格差が出ることもあるのも事実です。

 

ではどのような違いがあるのか1つ1つみていきましょう!

 

 

まずは栄養

実はミルクは牛乳を原料としているものがほとんどです。
もともとは牛乳は牛の赤ちゃんを育てるためのもの。
そして牛乳は高タンパク&高脂肪により、短期間で急激に子牛を大きく成長させる飲み物なのです。

粉ミルクは、各メーカーさんが母乳により近い成分へと調整をしていますが、
やはり元が牛乳なので、母乳に比べると脂肪がつきやすく高タンパクなのです。

 

 

次に飲む量。

哺乳瓶の乳首は、少し吸うと沢山ミルクが出てきます。
だから母乳を飲むよりも、ラクな力で簡単に早くたくさん飲むことができます。
だから早飲みになりがちで、満腹中枢が働く前に飲みきってしまうので、『もっと沢山飲みたい!』と赤ちゃんが要求することも少なくありません。

 

 

 

その他に。

ミルクは飲む最初から最後まで栄養は一定で変わりないもの。

それに比べ母乳は栄養に変化があります。
たんぱく質に変化はないのですが、
脂肪の量が最初は少なく(母乳はさらっと水のよう)
最後のほうに多くなる(母乳はとろっと濃厚な感じになる)のです。

これはお腹が空いた赤ちゃんが、最初勢いよく飲み始める時には脂肪が少なく
ある程度お腹が満たされてきた頃に脂肪が増えて、最後に濃厚な母乳を飲んで満足するという仕組みなんです。

だから母乳だと脂肪の摂りすぎにならないんです。

 

 

乳児期に急激に体重が増加すると、脂肪細胞の数も通常よりも多くなってしまいます。
これにより幼児期や成人してからの肥満につながりやすい、という調査結果も出ているようです。

 

 

だからといってミルクが悪者!ということではありません。

また『母乳だから小柄で・・・』と心配する必要も
『母乳のせいで小柄なんでしょ!ミルク足しなさい!』といった外野の声に耳を傾ける必要もありませんpaper

 

最初に言ったとおり、体格の違いは個人差が大きいのです。
ミルクだから・・・とか、母乳だから・・・、という考えに縛られないで
家庭の状況、お母さんと赤ちゃんの事情に合わせて、母乳かミルクか混合なのかを選んで
ストレスなく毎日の授乳タイムを過ごして下さいねconfidentheart04

 

 

でも『できれば母乳で育児をしたいな』ってお母さんは多いかもしれませんね。
また実際授乳していて、『もっとスムーズに母乳が出れば・・・』とお悩みのお母さんもいらっしゃることでしょうweep

実際私も母乳で悩みが出てしまって、行き詰まった時にママ友さんからのおすすめアイテムで無事乗り切ることができましたsign01
興味のある方はぜひコチラからどうぞhappy01note

-Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み

Copyright© 子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び , 2019 All Rights Reserved.