子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

まとめて眠らない 母乳不足?

      2019/04/17

Pocket

 

赤ちゃんはお腹いっぱいおっぱいを飲んで、そしてたっぷり眠るconfidentsleepy
多くのお母さんが赤ちゃんに抱いているのは、そんなイメージではないでしょうか?

だからまとめて眠ってくれないと
母乳不足かしら・・・?crying
と不安になるお母さんも多くいらっしゃいます。

 

でも大丈夫ですよhappy01
生後2、3か月くらいまでは生活リズムが安定していません。
1日中寝たり起きたりの繰り返しです。
生後2、3か月を過ぎた頃から、少しずつ夜まとめて眠るようになってきますmoon3

とは言ってもこれは個人差がかなり大きいです。
また日によってもかなり差が出ます。
毎日同じようなタイムスケジュールにはできないほうが普通なんですpaper

 

保育園で勤務していた時も、何をどう頑張ってもまとめて眠ってくれない子がいました。
日光浴とか散歩とか、ふれあい遊びとか、赤ちゃんがほどよく疲れて
そしてお腹いっぱい飲んでくれれば、まとめて眠ってくれるだろうと複数の保育士で頑張るも惨敗(笑)
この子の場合はミルクだったので、量が足りないということもなかったのですがこのアリサマです(^^;)

子ども1人1人によって、また日々の体調の変化や、成長の具合でも睡眠時間の長さは違いますから
まとめて眠らない=母乳不足、というわけではないことを知っておいて下さいねhappy01

 

 

 

母乳不足かは赤ちゃんの体重の増え具合が目安になります。
授乳のたびに、授乳前後の体重の差で哺乳量を測るのも悪くはないのですが、これ結構ストレスになりますsadsweat01
気にしすぎちゃいそうなお母さんにはオススメしません。
実際、マメに計測しすぎて、子どもの毎回の哺乳量に一喜一憂して、泣きながら相談してきたお母さんもいました。

大体1週間から10日ごとに体重を測って、少しずつでもその子なりに増えているのなら問題ありません。

10日ごとに増える体重の目安としては
  0か月から1か月 300gから400g 
  1か月から2か月 300gから400g
  2か月から3か月 250gから300g
です。これもあくまで目安なので、極端に体重の増えが少なすぎる!!ということでない限りは大丈夫ですよ。

 

またおしっこの回数も、母乳が足りているかの目安になります。
1日に5回から6回、しっかりおしっこが出ていれば大丈夫ですgood

 

目の前にいる赤ちゃんの様子をしっかり見てあげて、そしてお母さんがゆったりした気持ちで、幸せな授乳タイムにしてくださいねhappy01

 

【関連記事】

母乳育児におすすめアイテム

授乳中暴れる

授乳間隔が短い

 

 - Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み

             

  関連記事

授乳中に発生する頭痛の8つの原因と治し方

授乳を続けていると我慢できないほどの頭痛に悩まされることはありませんか? 通常時 …

授乳時間が長い4つの原因と3の解決方法
あたなは赤ちゃんに授乳する時間が適正か自信を持って言えますか?授乳時間が長いのは、正しく授乳が行えてない事を知らせる目印なんです。授乳時間が長い場合の原因は多くの場合では4つしかありません。対策を行う事で赤ちゃんを健康に成長させてあげましょう。
 
no image
おっぱいが張らない 母乳不足?

  おっぱいが沢山出る人は、おっぱいがパン!と張っているイメージがあり …

母乳はいつまであげる?卒乳と断乳の時期を見定めよう!

赤ちゃんに母乳をあげてきたけれど、離乳食がはじまったりすると授乳はどうすれば良いのでしょうか。答えはいつまであげても良い!です。えっ?そうなの?と驚かれたでしょうか。これを読めば卒乳と断乳の時期を見定めることが出来ますよ!

寝ている赤ちゃんを起こして授乳?間違った対処で起こる4つの母乳トラブルと対処法

『寝ている赤ちゃんを起こしてまで授乳させる必要があるのか』実は対処法を誤ると4つの母乳トラブルに見舞われる可能性があります。でも安心してください。トラブルを避ける方法、そしてトラブルに見舞われてしまった場合の対処方法についてお教えします。

no image
母乳とミルクでは赤ちゃんの体格などに差は出るのか?

母乳を飲んでいる赤ちゃんと、ミルクを飲んでいる赤ちゃんで体格に差が出る。 よく言 …

授乳 片方のおっぱいを嫌がって飲まない 5つの原因と解決策

なぜか、片方のおっぱいは飲むのに、反対のおっぱいは嫌がって飲まない、なんて赤ちゃんがよくいます。片方のおっぱいを飲まなくなる5つの原因とその解決策について紹介します。また、育児書では教えてくれない簡単な治し方についてもこっそり紹介します。

母乳でもフォローアップミルクは必要?

フォローアップミルクは積極的にとる必要はありません!母乳を補助する役割のフォローアップミルクは必ずしもあげる必要はないのです。栄養素の面からその理由をご紹介します。フォローアップミルクの導入を検討している方は是非参考にしてみてください。

実は危険な添い乳授乳 3つのメリットと8つのデメリット

あなたは添い乳を身体が休まる良い方法だと勘違いしていませんか?実は赤ちゃんの成長を阻害したり生命を脅かすデメリットがあるのです。添い乳に隠された3つのメリットと8つのデメリットそして、とっておきの授乳を楽にする方法について解説します。

本当は恐ろしい乳腺炎の影響と3つの根本的な治療方法
乳腺炎という病気をご存知でしょうか。乳腺炎には、ママの身体も、赤ちゃんの成長も脅かす可能性がある恐ろしい病気なのです!おっぱいマッサージだけでは乳腺炎を本当の意味で治すことはできません。乳腺炎を根本から解決する正しい治し方について解説します。