Q&A 子育ての悩み

クループ症候群の症状と治療・ケア方法

更新日:

症状

・風邪症状から始まり、ケーンケーンという犬の吠え声のような咳。夜中に多い。

・声帯にむくみが起こる。

・熱は高いことも、低いことも。

・吸った息が気道から入れない為、呼吸のたびに肋骨の間がへこむ。

・泣き声が枯れたようになる。

 

治療&ケア

・特有の咳が出たら、また呼吸のたびに肋骨の間はへこむ時はすぐに受診。

・早いうちならば、抗生物質やステロイド系の吸入薬でむくみを抑えられる。

・呼吸困難の時は入院。

-Q&A 子育ての悩み
-

Copyright© 子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び , 2019 All Rights Reserved.