Q&A 乳幼児のお肌トラブル、スキンケアの悩み Q&A 子供の病気

とびひの症状と治療・ケア方法

症状

・虫さされや湿疹をひっかいた傷跡に、ブドウ球菌などが感染して起きる。

・水泡が破れた時に菌が飛び散った所にまた水泡ができる。

・顔や手足などどこでもできる。

・ジュクジュクした水泡。

・初夏から夏にかけて、赤ちゃんから小学生ぐらいまでによく見られる。

 

治療&ケア

・患部をよく消毒し、抗生物質入り軟膏を塗り、ガーゼで覆って菌が飛び散るのを防ぐ。

・酷い時は抗生物質を内服。

・爪は短く切って、ひっかかないようにする。

・治るまではプールや入浴は避け、シャワーなどで皮膚は清潔にする。

・湿疹用のステロイド剤は症状を悪化させるので要注意。

-Q&A 乳幼児のお肌トラブル、スキンケアの悩み, Q&A 子供の病気
-

Copyright© 子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び , 2019 All Rights Reserved.