Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み

母乳でもフォローアップミルクは必要?

更新日:

『ミルクで育てているお母さんは9か月ごろからフォローアップミルクに切り替えてるのよね?
母乳で育てている私も9か月を過ぎたらフォローアップミルクに切り替えなくちゃいけないのかしら?』

そんな母乳育児のお母さんの疑問を解決いたしますsign01flair

 

 

まず結論から言うと
フォローアップミルクは積極的にとる必要はありません

 

ではその理由を順に見ていきましょうhappy01

 

フォローアップミルクとは、育児用粉ミルクの一種で、おおよそ生後9か月以降の赤ちゃんに飲ませるものです。

では普通のミルクとフォローアップミルク、何がどう違うのか。

栄養面でみるとフォローアップミルクのほうが鉄分・ビタミン・カルシウムなどが多く含まれ、脂質や糖質が少なくなっています

これは離乳食を進めていて、不足しがちである栄養素を強化して、過多気味であるものを減らしてあるのです。

 

生後9か月以降とといえば、離乳食が3回食へと移っていく頃ですね。
つまり栄養の多くを食事からとる時期になっていきます。

で、離乳食で不足しがちな栄養を補う役割を担うのがフォローアップミルクなんです。

 

だから離乳食をバランスよくしっかり食べられる子は、フォローアップミルクは特に必要ありません

 

ただし!
ここ数年特に、乳幼児の鉄分不足が問題になっているようです。
鉄が欠乏すると脳の発達に大きな影響があります。

離乳食には意識的に鉄分の多く含まれる食材を取り入れてあげて下さいね。

 

また母乳のお母さんも鉄分をしっかり摂取して、おいしい母乳を赤ちゃんに飲ませてあげましょうね。

 

妊娠、出産、母乳育児、生理再開、様々な理由で女性の体は鉄不足になりがち。
鉄が不足すると体が疲れやすくなり、育児や日々の生活にも影響が出てきますsweat01
また鉄不足は精神疾患(うつ病やパニック障害など)にも関係があるようですweepsweat01

 

だからといって、日々赤ちゃんのお世話をしながら、栄養をバッチリ摂るための食事作りも大変ですよね・・・。

 

そこで手軽においしく鉄分補給ができるたんぽぽ茶 がおすすめですshine
普段作っているお茶のように作って飲むだけで、鉄分補給ができる優れものですhappy01note

 

 

また母乳育児で大切な、体を温める&水分補給も同時にできちゃいます。
原材料のたんぽぽの根は体を温める効果がありますし、
きな粉のような香ばしい匂いのするお茶なので、おいしく常飲することができます。
これで水分補給もバッチリですねscissors

 

私も母乳育児中に実際に飲んでいました。
そのレポートはこちらです。興味のある方はぜひ読んでみてくださいねbleah

 

たんぽぽ茶を取り扱っているティーライフさんのHPはこちらですhappy02

完全母乳を応援!【ノンカフェインタンポポ茶】
 

-Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み

Copyright© 子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び , 2019 All Rights Reserved.