子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

実は危険な添い乳授乳 3つのメリットと8つのデメリット

      2015/08/30

Pocket

1. 3つのメリットと8つのデメリット

 

 

毎日の授乳おつかれさまですconfident

授乳はとてもエネルギーを消耗しますよね。
日々寝不足の中、重労働である授乳はお母さんの体にかなりの負担がかかっているはず。

寝不足が続いて、もう体を起こすことも無理・・・
なんて時に、添い乳で授乳をすると楽で良いなぁ、と考えたことはありませんか?

また助産師さんによっては添い乳を推奨する方もいらっしゃいます。

でもちょっと待ってください!

添い乳はメリットもありますが、実は怖いデメリットがたくさんあるんですsweat01
しかも、このデメリットは取り返しの付かない状態になる物が多いのです。
私は添い乳を全くおすすめしません。

今回は添い乳のメリット&デメリットについて、下記にまとめてみましたので参考にして見て下さい。              

また、添い乳無しで赤ちゃんをすんなり寝かせる自信がないという方の為に
添い乳をせずに上手に赤ちゃんを寝かせる方法もご紹介していますのでこちらも参考にしてみて下さい。

 

1.1 3つのメリット

illust4266


 メリット1 母体を休められる

産後間も無い、毎日数時間おきの授乳、夜泣きで寝不足、抱っこし続けてて腕が腱鞘 炎・・・
色々な理由でお母さんの体が疲れきっている時、横になりながら授乳できると大助かりですね。
実際私も、何をどう頑張っても体が起こせないくらいボロボロになった時、添い乳に頼りました。

 

 メリット2 すぐ寝てくれるからラク

お布団に寝かせたまま飲ませるので、赤ちゃんは半分夢の中ですよね。
飲み終わって寝て、いざお布団に置こうとしたら目がパチっと覚める・・・
なんてこともなく、ラクに寝かせられるということで添い乳をする人も多いようです。

 

 メリット3 親子のスキンシップが深まる

温かいお布団の上でお母さんといっぱいくっつけて、赤ちゃんはすごく気持ちいいと思います。
お母さんも体を横にしつつ赤ちゃんと密着できるので、精神的に落ち着くかもしれませんね。

 

 

1.2 8つのデメリット

illust3496

 

 デメリット1 窒息死

何より怖いのが窒息死です。実際に添い乳による窒息死の事故もあります。

「おっぱいで赤ちゃんの鼻を塞がなきゃ大丈夫でしょ?」
「私は添い乳しながら熟睡したりしないわよー」
「私は寝がえりしないから赤ちゃんをつぶす心配はないわね」

という過信は危険です。

 

 デメリット2 添い乳なしでは寝れなくなる

添い乳が常習化するとおっぱいをくわえながら寝ることがクセになります。
するとふと目が覚めた時に「おっぱいがない!」と気付くと不安になって泣いちゃうんです。

だからお母さんはまたおっぱいをくわえさせて寝かせて・・・
また目が覚めたら不安になって泣く・・・の悪いループに陥ってしまいます。

「夜中あまり寝てくれません・・・」
「30分とか1時間で目を覚ますんです・・・」

といった悩みを抱える結果となってしまいます。

 

 デメリット3 眠りが浅くなる

添い乳だとくわえ方が浅くなりがちでたくさん飲むことができません。
中途半端に飲んだ頃に、半分寝ながら口を動かして、なかなか熟睡モードに入れなくなってしまうのです。
お腹もいっぱいになっていないので、眠りが浅くなり目覚めるまでの時間が短くなってしまいます。
 

 

 デメリット4 ゲップをしないで寝てしまう

おっぱい後、よく吐く子は要注意です。
添い乳だとそのまま寝てしまうことが多いので、ゲップをせずに寝ることになりますね。
ゲップをさせずにそのままにしておくと、お腹にガスがたまってしまいます。
すると吐きやすかったり、また横にすると苦しくて泣いたりバタバタ暴れたりすることも
吐いたものが喉に詰まって窒息につながったり、苦しくて目が覚めるので睡眠の妨げにもなります。
添い乳をしてもちゃんとゲップを出させてあげて下さいね。

 

 

 デメリット5 中耳炎

添い乳をすると絶対中耳炎になるという訳ではないのですが・・・
仰向けに近い状態での添い乳は耳管におっぱいが流れやすいです。
またお母さんが添い乳中に寝てしまって、赤ちゃんがくわえるのをやめたおっぱいから出たミルクが耳に入って中耳炎になる・・・
ということもあります。
中耳炎を繰り返す子は添い乳が原因の可能性もあるようなのでチェックしてみて下さい。

 

 デメリット6 乳腺炎

お母さんの体質や、おっぱいの吸われ方にもよりますが、添い乳は乳腺炎になりやすいです。
偏った部分からしかおっぱいを飲んでもらえなかったり、おっぱいのくわえ方が浅くなりがちなので飲み方も浅くなるのが原因です。

実際私は体調を崩して起き上がれなくなり、でも誰にも代わってもらえなかったとき仕方なく添い乳したら見事に乳腺炎になりました・・・(泣)

 

 デメリット7 無理な体勢による体の痛み

赤ちゃんが自分で自由に寝がえりできたり動けるくらいの大きさになると、添い乳する体勢もかなりラクになるでしょう。
でも赤ちゃんが小さい間はうまくおっぱいをくわえさせる為にお母さんが不自然な体勢になりがちに。
長時間、長期間にわたってその体勢を繰り返すと肩や腰、腕に相当な負担がかかって痛める原因になります。
要注意です。

 

 デメリット8 虫歯

母乳に含まれる成分は虫歯になりにくいのですが、離乳食が始まり、歯磨きもそこそこに歯に汚れが残ったまま
夜間に授乳というような状況だと菌が繁殖しやすく虫歯へとつながります。

 

2. 赤ちゃんを上手に寝かせる方法

メリットより危険なデメリットが多い添い乳。
特に危険なデメリットは窒息による赤ちゃんの死亡

この事故は何としても防がなければなりません。
では、どうすれば赤ちゃんは添い乳なしでじっくり寝てくれるようになるのでしょうか。

 

2.1 上手に寝かせる秘訣は抱っこ授乳と母乳が良く出るおっぱい!

添い乳なしで赤ちゃんを夜じっくり寝かせるには秘訣があります。

それは、『抱っこ授乳』『母乳が良く出るおっぱい』です!

抱っこ授乳と母乳が良く出るおっぱいの効果
秘訣、とカッコ良く描いたのですが、実は普通に抱っこして良く出るおっぱいで授乳するだけです(笑)
それでも、添い乳が抱えるデメリットをなくすことができるんです。

窒息しない
 ママがしっかり赤ちゃんを確認できますので窒息の心配はありません。

添い乳しなくても寝られるようになる
 二つ目の秘訣と合わせ技になりますが、添い乳しなくても赤ちゃんはちゃんと寝られるようになります。

しっかり寝られるようになる
 これも二つ目の秘訣が大きく関わってきますが、月齢によっては朝まで寝てくれるようになります。

ゲップが出来る
 飲み終わりをママが確認できますので、終わった時点で背中をトントンしてあげればげっぷが出来ます。
 この時点で寝てしまっていても大丈夫。お腹いっぱい飲んで眠った赤ちゃんはトントンくらいでは起きません。

中耳炎にならない
 これもママがしっかり見ながら授乳しているので耳に流れて行ったらふき取ってあげることで中耳炎を回避できます。

乳腺炎になりにくい
 添い乳がもたらすおっぱいの偏った飲み方が無くなるので乳腺炎になりにくくなります。

正しい体勢で授乳出来る
 添い乳だと身体を傾けた状態をつづけたり、無理がかかりますが、抱っこでの授乳なら
 ママが楽な体勢を選んで授乳出来るので、腕や腰を痛めてしまうことを防げます。

虫歯を予防できる
 飲み終わった時点が把握できるので歯磨きをしてあげることができます。もし抱っこ授乳の間に寝てしまったら
 ガーゼで拭ってあげるだけでもずいぶんと虫歯の確率を減らすことが出来ます。

基本は抱っこ授乳でじっくりたっぷり母乳を飲ませてあげて
しっかりゲップ、歯磨きをしてから添い乳なしで寝かせてあげます。
授乳中はしっかり赤ちゃんを見守ってあげられるので窒息や中耳炎を防ぐことが出来ます。
しっかりたっぷり母乳を貰った赤ちゃんは本当に夜良く寝てくれるようになりますよ。

ここまでで、抱っこ授乳良く出るおっぱいは添い乳のデメリットを無くせる事は分かったけど
良く出るおっぱいはどうすれば作れるの?という疑問が浮かびます。

実はこの母乳が良く出るおっぱいが添い乳なしで赤ちゃんをしっかり寝かせてあげられる重要なコツなんです!
抱っこ授乳だけでは、決して赤ちゃんは上手く眠ってくれません。
母乳が良く出るおっぱいがあってこその秘訣なんです。

あなたがもし、母乳に不安があるようであればおっぱいの改善に取り組んでみましょう。
 

2.2 母乳が良く出るおっぱいの作り方!

では、どうすればおっぱいの改善ができるのでしょうか?
母乳の量や質は、ママによって様々です。
赤ちゃんが産まれたからといって、だれもが上手に母乳を出せるとは限らないのです。

もし、あなたが母乳の量や質に不安を感じているようであれば
普段の食べ物を見直して母乳に良い栄養バランスが整った食事を摂ってください。

ただし、毎日の食事で完璧に必要な栄養を摂取するのは非常に大変です。
そこで、楽に良く出るおっぱいを作るための食べ物と言う物もあります。
実は、この食べ物には私も授乳期間中にとてもお世話になった経験があります。

誰でも簡単に母乳が良く出る様になる方法はこちら
 

 

 

 

3. メリットとデメリット、対策方法まとめ

では、添い乳についてまとめます。

 

3つのメリット

  • 母体を休められる
  • すぐ寝てくれるからラク
  • 親子のスキンシップが深まる
     

8つのデメリット

  • 窒息死添い乳なしでは寝れなくなる
  • 添い乳なしでは寝れなくなる
  • 眠りが浅くなる
  • ゲップをしないで寝てしまう
  • 中耳炎
  • 乳腺炎
  • 無理な体勢による体の痛み
  • 虫歯
     

上手に寝かせる秘訣

  • 抱っこ授乳をする
  • 母乳が良く出るおっぱいで授乳する
     

母乳が良く出るおっぱいの作り方

 

 

 

 - Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み