子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

尿路感染症の症状と治療・ケア方法

      2015/08/30

症状

・細菌、特に大腸菌が、尿道・膀胱・腎臓など尿の通り道のどこかで感染を起こす病気。

・1歳未満では男の子が圧倒的に多い。

・数日間、高熱が続く。

・痛みで赤ちゃんはグズグズすることが多い。

・血尿や蛋白尿が出ることも。

 

治療&ケア

・抗生物質を服用することで炎症が治まり、症状も綺麗に消える。

・水分補給をたっぷりと。

・繰り返す場合は尿路奇形がないか検査する。

 - Q&A 子育ての悩み

             

  関連記事

no image
鼠径ヘルニアの症状と治療・ケア方法

症状 ・腸の一部が飛び出して、太ももの付け根(鼠径部)が突然ふくらんだり、ひっこ …

no image
クループ症候群の症状と治療・ケア方法

症状 ・風邪症状から始まり、ケーンケーンという犬の吠え声のような咳。夜中に多い。 …

no image
食育

食べることは生きていくことの基本です。 私達のからだは、食べたもので出来ているの …

no image
溶連菌感染症の症状と治療・ケア方法

症状 ・39度から40度の高熱。 ・喉の痛み、頭痛。 ・1、2日後に鮮紅色の発疹 …

イヤイヤ期の子育て

子育てでは色々な悩みがつきものですが、2歳のイヤイヤ期に手こずる方が多いですよね …

no image
予防接種 変更点まとめ

・平成25年(2013年)6月子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨の差し控え …

no image
赤ちゃんのうつぶせ寝 夜間もずっとひっくり返す?

  赤ちゃんは寝返りできるようになると、うつぶせ寝を好んでやる子も多い …

no image
中耳炎

症状 ・耳を痛がる。耳を自分の手で触ったり、触られると痛がって泣く。 ・高熱が続 …

子供の噛み付き

1歳代と2歳代では噛みつきというトラブルがよく出てきます。 お友達にガブリとやっ …

no image
子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨の差し控え

予防接種法の改正で2013年4月に定期接種に加えられた子宮頸がんワクチン。 対象 …