Q&A 子育ての悩み

熱性けいれんの症状と治療・ケア方法

更新日:

症状

・高熱になった時に起こるひきつけ。

・突然、両手両足をピーンと突っ張った後、ガクガクと手足を震わせる。

・意識がなく白目をむいた状態。

・多くは5分以内で終わって元の状態に戻る。そのまま眠ってしまうことも。

 

治療&ケア

・ひきつけたら、横向きに寝かせる。(吐いた物で詰まらせないように)

・衣服をゆるめる。

・舌をかむことはないので、指やお箸を口に入れないように。

・ひきつけの続いた時間、ひきつけのあと意識が戻ったか、手足は両方とも動かしているかなどを確認。

 

すぐに救急車を手配

・初めてけいれんを起こした。

・けいれんが5分以上続いた。

・1日に何回も繰り返した。

 

すぐに病院を受診

・ひきつけのあと意識が戻らない。(眠っていても、声を掛けて起こしてみて泣いたら大丈夫)

・体の片側だけのけいれん。

・けいれんのあと手足が動かない。

・熱がないのにけいれんを起こした。

-Q&A 子育ての悩み
-

Copyright© 子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び , 2019 All Rights Reserved.