子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

調乳(ミルク作り)の温度が昔と違う?

      2015/08/30

Pocket

調乳に適した温度が昔より上がっていることはご存知でしょうか?

        illust1979_thumb.gif

2007年、世界保健機関(WHO)及び国連食糧農業機関(FAO)のガイドラインを受けて
厚生労働省が70℃以上のお湯で調乳することをすすめ始めました。

粉ミルクの製造工程で無菌にすることは困難であり、また、開封後に病原微生物に汚染されるおそれもあることから、菌や微生物を殺菌することのできる高温のお湯で調乳をしましょう、とされたのです。

 

 

それまでは50℃から60℃くらいのお湯での調乳が適温とされていて
高温のお湯で調乳すると粉ミルクの栄養が壊れてしまう、と言われていました。


が、粉ミルクを販売しているメーカーの説明によると
栄養素については、熱に弱いビタミンやラクトフェリンなど影響を受けるものはあるが、必要量は十分配慮していて高温調乳により栄養成分が不足する心配はない
とのことなので、しっかり高温のお湯でミルク作りをしましょうね。

 

 

ちなみ余談ですが・・・
冷凍母乳を解凍する時は、高温のお湯で湯せんやレンジでチンとすると、母乳の栄養が壊れてしまいます。
この話と調乳の話がごっちゃになってしまって、未だに調乳温度について誤解している人が多い原因の1つになっているのではないかな・・・と思っています。

冷凍母乳を解凍する際には
50℃から60℃くらいでゆっくり湯せんでとかして、その後40℃くらいで人肌まで温めてから飲ませてあげると良いとのことです。

 

 

 

家族

ところでこの高温調乳。
2007年に普及啓発され始めたので、まだ最近の話ですよね。
おじいちゃん、おばあちゃん世代の頃の調乳温度と違うので、きっと口出しされるママさんも多いことでしょうsweat01

そんな時は厚生労働省のHPのコチラを見せたり
出産した産院での調乳指導の際にパンフレットや説明書をもらえると思うので、それを見せてあげてください。

公的機関が出しているものを見せれば、今と昔での当たり前が変わってきているということを、ママの立場を悪くすることなく理解してもらえるのではないかなと思います。

 

 

 

 

ポイント  元保育士ママからアドバイス

毎日のミルク作りの手助けになるウォーターサーバーの設置をおすすめします!
安心安全な天然水や、不純物をとことん除去したRO水を、冷水&温水ですぐに使うことができます。
また離乳食作りにも大活躍!

ママ目線で選ぶウォーターサーバーをコチラで詳しく解説しています。
ぜひご覧になって下さいね。

 

 

 - Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み

             

  関連記事

母乳はいつまであげる?卒乳と断乳の時期を見定めよう!

赤ちゃんに母乳をあげてきたけれど、離乳食がはじまったりすると授乳はどうすれば良いのでしょうか。答えはいつまであげても良い!です。えっ?そうなの?と驚かれたでしょうか。これを読めば卒乳と断乳の時期を見定めることが出来ますよ!

実は危険な添い乳授乳 3つのメリットと8つのデメリット

あなたは添い乳を身体が休まる良い方法だと勘違いしていませんか?実は赤ちゃんの成長を阻害したり生命を脅かすデメリットがあるのです。添い乳に隠された3つのメリットと8つのデメリットそして、とっておきの授乳を楽にする方法について解説します。

授乳時間が長い4つの原因と3の解決方法
あたなは赤ちゃんに授乳する時間が適正か自信を持って言えますか?授乳時間が長いのは、正しく授乳が行えてない事を知らせる目印なんです。授乳時間が長い場合の原因は多くの場合では4つしかありません。対策を行う事で赤ちゃんを健康に成長させてあげましょう。
 
急に授乳時間が短くなった場合の3つの原因と解決策

ある日突然、赤ちゃんがおっぱいを飲む時間が極端に短くなったらとても心配ですよね。 …

no image
おっぱいが張らない 母乳不足?

  おっぱいが沢山出る人は、おっぱいがパン!と張っているイメージがあり …

no image
まとめて眠らない 母乳不足?

  赤ちゃんはお腹いっぱいおっぱいを飲んで、そしてたっぷり眠る 多くの …

no image
授乳中の妊娠

  1人目の授乳期間中に2人目を妊娠した場合、授乳はやめるべきであると …

母乳でもフォローアップミルクは必要?

フォローアップミルクは積極的にとる必要はありません!母乳を補助する役割のフォローアップミルクは必ずしもあげる必要はないのです。栄養素の面からその理由をご紹介します。フォローアップミルクの導入を検討している方は是非参考にしてみてください。

no image
授乳期のインフルエンザ(タミフル&リレンザ)

  「授乳期間中は原則クスリは禁止」 というのは多くのお母さんがご存じ …

授乳中暴れる

授乳中になぜか大暴れする赤ちゃんがいます 原因として考えられるのは、以下のような …