子育て応援サイト 元保育士が綴る遊びと学び

*

授乳中(授乳期間中)の生理

      2015/08/30

Pocket

『母乳育児だと生理再開は遅い?』

『生理が再開したらもう母乳は出ない?』

『生理が再開したら母乳の味がまずくなるって本当?』

 

授乳期間中の生理に関する疑問をここで解決しましょう!

 

 

ポイント  元保育士ママからのアドバイス

生理再開の時期は個人差が大きいです。
生理が再開しても母乳は出ますし授乳を続けることもできますが、母乳の味に変化が出て赤ちゃんが飲まなくなるケースもあります。

 

母乳育児の人の生理再開の時期は本当に人それぞれ。
1か月で再開する人もいれば、1年以上こない人もいます。

 

生理が再開したら必ず母乳が止まる、ということはありません。
(少なくなることはあります)

 

ただ、授乳と授乳の間隔が長く開きすぎることがよくある人は要注意です。
赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことで、母乳を生産するホルモンの分泌が活発になります。(特に夜間)
このホルモンは排卵を抑制する働きもあります。

つまり授乳間隔が長く、ホルモンの分泌が少なくなると生理が早くに再開される、ということにつながります。

授乳間隔が長くてホルモン分泌が少ない故に生理が再開した人は、この状況が長く続くと母乳が止まってしまうので、しっかり赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうようにしましょうね。

 

生理が再開すると、排卵・生理前後・生理中、と女性の体はホルモンのバランスが様々に変化します。
それに伴い母乳の味がまずくなることがあります。

『いつもと味が違う??』
と変な顔をしながらも飲む赤ちゃんもいますし、イヤダー!と泣いて飲まなくなる赤ちゃんもいます。

 

生理が再開しても、頻回授乳を根気よく続けることで、また生理がお休みになることもあるので、がんばって赤ちゃんに飲んでもらいましょう。

 

それでも赤ちゃんが母乳を拒否した場合・・・
そのまま母乳育児でいくか、それともミルクに切り替えるかは、ママと赤ちゃんが1番負担なく過ごせるほうを選んでくださいね。

赤ちゃんもママも笑顔で過ごせることが1番ですから。

     illust4264thumb.gif

 

【関連記事】

母乳育児におすすめアイテム

授乳中暴れる

添い乳はダメ?

 

 

 

 

 - Q&A おっぱいトラブル、授乳の悩み

             

  関連記事

no image
母乳とミルクでは赤ちゃんの体格などに差は出るのか?

母乳を飲んでいる赤ちゃんと、ミルクを飲んでいる赤ちゃんで体格に差が出る。 よく言 …

授乳時間が長い4つの原因と3の解決方法
あたなは赤ちゃんに授乳する時間が適正か自信を持って言えますか?授乳時間が長いのは、正しく授乳が行えてない事を知らせる目印なんです。授乳時間が長い場合の原因は多くの場合では4つしかありません。対策を行う事で赤ちゃんを健康に成長させてあげましょう。
 
no image
まとめて眠らない 母乳不足?

  赤ちゃんはお腹いっぱいおっぱいを飲んで、そしてたっぷり眠る 多くの …

no image
調乳(ミルク作り)の温度が昔と違う?

調乳に適した温度が昔より上がっていることはご存知でしょうか?          …

母乳マッサージ(おっぱいマッサージ)の効果とやり方

母乳が満足に出ない場合、産院や育児書ではほぼ間違いなく母乳マッサージ(おっぱいマッサージ)を勧められます。効果的な母乳マッサージは赤ちゃんが成長する上のメリットが沢山あります。今回はそんな母乳マッサージの効果とやり方について解説します。

急に授乳時間が短くなった場合の3つの原因と解決策

ある日突然、赤ちゃんがおっぱいを飲む時間が極端に短くなったらとても心配ですよね。 …

授乳 片方のおっぱいを嫌がって飲まない 5つの原因と解決策

なぜか、片方のおっぱいは飲むのに、反対のおっぱいは嫌がって飲まない、なんて赤ちゃんがよくいます。片方のおっぱいを飲まなくなる5つの原因とその解決策について紹介します。また、育児書では教えてくれない簡単な治し方についてもこっそり紹介します。

no image
ミルク育児でかかる1年の費用はいくら? 1月毎の参考価格表付き

ミルクで育児した場合、毎月どれくらいのお金がかかるのか? 母乳だとその分がまるっ …

no image
おっぱいが張らない 母乳不足?

  おっぱいが沢山出る人は、おっぱいがパン!と張っているイメージがあり …

母乳でもフォローアップミルクは必要?

フォローアップミルクは積極的にとる必要はありません!母乳を補助する役割のフォローアップミルクは必ずしもあげる必要はないのです。栄養素の面からその理由をご紹介します。フォローアップミルクの導入を検討している方は是非参考にしてみてください。